ブログ

Finderって???

flaデータの修正が入り、触っていたら突然下記のメッセージが出るようになりました。

「メモリ不足のためこのシーンを開けません。ムービーは壊れずに保存されています。
開いているムービーを閉じるかプログラムを終了し、Finderの「情報を見る」コマンドを使用してFlashのメモリ割り当てを増やしてください。」

その時はノートで作業していたので、メモリ不足なのか。どっちにしても3DGソフトを使う時はちゃんとしたグラフィックボード積んでるPCでやった方が良いよなぁ・・・と思って作業を終えました。
が、翌日にデスクトップで読み込んでも一緒。
あれ?何でーーーーー。

ムービークリップを多用しているせいか。
埋め込んでいる画像が多すぎるのか、ビデオムービーが重いのか。
はたまた、吐き出し直したSHADEからのデータが壊れているのか。
思い当たる節はたっくさんあって、しばしフリーズ。(私が)

エラーが出る前のデータをリネームして触ってみたり、あれこれ試してみたり。
でも、必ず途中でエラーに遭遇してしまい頭を抱え込んでいました。
メモリ不足が原因で無い事は確かです。
flaファイルは普通に開くし、作業も継続出来ているので。
大体Windowsで作業しているのにFinderって言われても困るのです。(Macにしか無い)
エラー画面の表示メッセージを適当に作らないで欲しかったりします。

で、ひとしきり悩んでグッタリした後。
ネットで調べていたら、FLASH-JAPANさんのフォーラムに答えが書いてありました。

『ライブラリに埋め込んであった画像が一つだけ抜けて(壊れて?)いて、
それを使っている箇所があった場合にこのエラーが出ていた
ようです。』

なるほど。

そして、pngデータを片っ端から探し。(400個位)
壊れているデータを発見!!!
うぬぬ。お前か、お前だったのか!!

SHADEのレンダリングをやり直し、取り込み直したらあっさりエラーが出なくなりました。
ノートパソコンでもサクサク動いてました。
これで作業が止まって納期に間に合わなかったらどうしようと冷や汗をかきましたが、結局pngデータが何らかの理由でひとつだけ壊れていただけの模様。何て事なかったです。良かった・・・・・・。

  

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

お仕事のご依頼はこちら

ただ今の作業状況

2020年12月の作業状況
受注可能です。お問い合わせください。
2020年11月の作業状況
お急ぎでない案件なら受注可能です。お問い合わせください。
2020年10月の作業状況
お申込みを締め切らせて頂きました。


PAGE TOP